ブログ

ブログ - 飛び込み訪問営業に向く業種

飛び込み訪問営業に向く業種

カテゴリ : 
営業のポイント
執筆 : 
admin 2015-2-26 15:20

いつも当ブログをご覧いただき、

ありがとうございます。


前回マンガ「No.4 信頼を得るなら飛び込み訪問」で

ご案内しました飛び込み訪問は

実際にわたしが経験した話です。

わたしが独立した2009年

知り合いの物流会社の社長さんの計らいで

その会社の営業さんと2か月ほど

一緒に飛び込み訪問営業に同行させていただきました。



その後、自身のビジネスでも

東京都内を自転車のレンタルを借りて

約1年間飛び込み訪問を行いました。


この営業の方法は

マンガに書いてある通り、

繰り返し訪問を実施することは

顧客との関係構築に非常に良い効果を発揮します。


ただ、新規獲得のための

飛び込み訪問営業の場合


どうしても1日あたりの訪問件数が

少なくなってしまうと

効率が悪くなり、移動時間や

移動コストが嵩み

費用対効果が出ない


ということに成りかねません。


当社の経験では

35〜50社/日
700社〜1,000社/月間

まわることが出来る商圏であれば

一定の効果が得られるのではないかと

感じております。

(もちろん商品・サービスによって費用対効果の判断が必要です)



そういった意味では

特定地域内で、訪問先をどれだけ沢山作れるか

という点が重要になってきます。


効果が得やすいと思われる業種としては


・自社の商品・サービスが概ね、どの会社でもニーズのあること
(つまり訪問先の企業が自社のターゲットである可能性が高いこと)


定期的に(繰り返し)自社のサービス・商品のニーズが顧客で発生する業種であること


・自社の商圏が特定エリアに集中していること


などの会社に向いている営業手法であると思われます。


これに該当する業種といえば

・物流会社
・メール便の発送代行
・印刷会社
・車検業務
・求人広告
などが当てはまると思います。


但し、それ以外の業種であっても

既に潜在ニーズが明らかになっている

見込客(以前商談になった、問い合わせがあった、訪問したetc)

に対して行うのであれば、ザイアンス効果は強力に作用しますので

見込み客へのフォロー営業として

毎月何日か

飛び込み訪問の日を設定し

実施してみる
のも良いかも知れません。




本日もお付きあいいただき、誠にありがとうございました。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://dmshare.com/modules/blog/tb.php/8

ブログ カレンダー

« « 2018 4月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5

カテゴリ一覧

最新のエントリ

ブログのトップへ

最新のコメント